トップページ > TSとは > 都市の時間

TSとは

もう、都市の時間で動くのは、やめにしませんか

ゆっくりゆっくりと、時間をかけて乾燥させます。
それは、工期○○日を競う都市住宅の時間とはいちばん離れた所にあるモノです。

徳島すぎの特性をさらに、引き出すために私たちがこだわっていること----それが「葉枯らし乾燥用語解説」です。

木材は伐採直後にはたくさんの水分を含んでおり、この生木を住宅材として使用すると、乾燥するにつれて収縮を起こし、狂いや割れが生じます。葉枯らし乾燥は昭和20年代頃まではしばしば採用されていた乾燥法で、もともと温暖な気候風土のこの地方ならではのものです。枝葉を残したまま、その木が育った山に寝かせてゆっくりと時間をかけて葉枯らし乾燥し、さらに製材後、天日で何日も桟積乾燥用語解説を行います。

この一連の自然乾燥によって、スギは色・艶がいっそう鮮やかになります。虫菌類の被害が低減されることも報告されています。 また、私たちは「切り旬」にもこだわっています。伐採に一番ふさわしい時期(通常は8月~2月)にしか伐採しません。切り旬を守って伐採し、伐採後はゆっくりと時間をかけて乾燥させるため、お客さまの中には待ち切れない方もいらっしゃるようです。でも最高の材料のためにはこれは変えることができない一線です。

それは工期○○日を競う都市型住宅メーカーと、いちばん離れたところにある家づくりですが、そろそろ都市の時間で動くのはやめにしてもいい頃だと思うのですが、いががでしょうか。

  • コンセプト
  • 理由
  • 円熟の木
  • 都市の時間
  • ふさわしい杉
  • 山に返そう
  • 組合員一覧